MENU

ダイエットエステの痛みについて

ダイエットエステの中には、痛みを伴う施術も存在しています。

 

具体的には、リンパドレナージュやインド式マッサージ、小顔矯正などが挙げられますが、特に痛みを伴うのはセルライトケアに関するダイエットエステと言われています。

 

ダイエットエステに通うまで何もせずに放置していたセルライトは、肥大し固くなっている事が多く、老廃物も溜まっています。
それをダイエット機器やエステティシャンのマッサージで揉みほぐすので、痛い人はかなり痛いのではないかと思います。

 

また、冷え性で血行が悪い方、肩こりのある方なども痛みを伴いやすいとされています。

 

また、中にはダイエットエステでマッサージを受けたあと、施術箇所に内出血が起こったという人もいるかと思いますが、だいたいは3~4日もすれば治るものが多いです。

 

マッサージにより内出血が出来るのはいわゆる揉み返しですが、これが出来るのはいくつか理由があります。
例えば、エステティシャンのやり方が良くなかった場合や、マッサージに使用したオイルやクリームが自分に合わなかった場合などです。

 

また、あまりに老廃物が溜まっていた場合や、緊張などして体に力が入っていた場合などの私たち側の理由もあります。
それらはエステサロンで改善が可能なので、施術後に体に異変があった時は、エステサロンに連絡をするのが良いかと思います。

 

そして、もし施術中に痛みを感じた時は、素直に伝えて良いと思います。
力を弱める事は可能なのか、これは我慢しないといけないのかなど、自分の思いを言う事も大切ではないかと思います。

 

このように、初めは痛みを感じる場合が多いですが、通っていくうちに、痛みもだんだん少なくなり気持ちよくなっていくので、初めはある程度の痛みは覚悟しておいた方がいいかもしれません。